ブレスレット買取の情報サイトポイントはここだ!

金のブレスレットでブランド物や宝石が付いているもの、また太いものは買取価格が高くなるようです。

金のブレスレットの種類

on 2015年6月10日

金でできたアクセサリーで人気なのは、一位リング、二位ネックレス、三位ブレスレットのようです。

買取店では、買取が多いのは、一位リング、二位ネックレス、三位ブレスレットのようです。

それもそうですね。

買う人が少なければ、売る人も少ないですよね。

このように買取が少ないブレスレットではありますが、それでも一部の方の中では人気があるようです。

では買取店に持ち込まれるブレスレットにはどんなものが多いのでしょうか?まず「喜平タイプ」と呼ばれる太くて重さのあるブレスレットです。

金としての重量があれば、それだけ買取価格も跳ね上がります。

場合によっては購入した価格よりもさらに高い値段で売ることができるかもしれません。

次に多いのが「テニスブレス」タイプです。

これは、小さなダイヤモンドを使用したもので丸く金で加工し、それをつなげたものです。

このタイプは、お店によって値段が変わってきます。

まずダイヤモンドですが、これは小さくて、あるお店ではダイヤモンドとしての価値はあまりないと判断するところもあります。

しかし一般的には、テニスブレスで使われているダイヤモンドは質が良いので、価値はあります。

ですから、このタイプのブレスレットを売りたい場合は、尚更色々なお店で査定をお願いするようにしましょう。

買取店もスタッフも経験と知識がないと正確に査定金額を出すことが出来ません。

ですから、買取事例が豊富なお店かどうかも選ぶ判断基準となります。


Comments are closed.