ブレスレット買取の情報サイトポイントはここだ!

金のブレスレットでブランド物や宝石が付いているもの、また太いものは買取価格が高くなるようです。

ブレスレット買取事例

ある女性は、金のバングルを自分の母親から譲り受けました。

もらった当初は、宝石もついていてしっかりした品物でしたが、途中で宝石が取れてしまい、ずっとタンスの中で眠っていたようです。

そして、バングルを買取ってもらうことにして査定してもらいました。

ブレスレットにしても、バングルにしても、多少キズがあっても、またチェーンが切れても、また宝石が取れたとしても、大抵のお店では買取ってもらえます。

この方は、自分の思った金額よりは低かったとはいえ、一回他店で買取を拒否されたこともあって、値段がついただけでも良かったと、満足されたようです。

実際査定したプロによりますと、18金で、キズが少なく、新しいジェリーに加工しやすかったので、買取を決定したようです。

また物が良ければ、一部のセレブの間では中古であってもブレスレットの人気が高く、高額で取引が行われているようです。

また別の事例ですが、昔からよく使った金のブレスレットを買取してもらうことにし、色々なお店で査定をしてもらい、一番高額の値段を提示してくれた所に、買取をお願いしたようです。

査定したスタッフによりますと、18金で、細かい装飾がしてあり、地金やデザインに十分高い価値があったので、高額査定が出来たようです。

今回のものはノーブランドでしたが、もしブランドものであればさらに高額査定をすることが出来るようです。

このように、事例からも分かるように、買取をしてもらう前に、色々なお店で査定をしてもらうなら、一番高いお店を見つけることが出来るでしょう。

記事ピックアップ⇒金って価値が高いの?:日本経済新聞

ブレスレット買取事例 はコメントを受け付けていません。